【ハイライト動画】J2で今年最多の観客を動員した試合って?シーズン前半戦のベスト5を発表

 
明治安田生命J2リーグも全日程の半分(第21節まで)が終了。
その中で観客動員数が最も多かった試合を調べてみた。5位から順に見ていこう。

5位

日時
2017/3/26(日) 第5節
カード
松本山雅FC vs 名古屋グランパス
会場
松本平広域公園総合球技場
入場者数
15,509 人

5位は熱狂的なサポーターが多いことで知られる松本山雅FCの本拠地に、名古屋グランパスを迎えた一戦。
 
J1所属時から変わらず、松本山雅FCのホーム戦にはたくさんのサポーターが訪れているようだ。

4位

日時
2017/3/19(日) 第4節
カード
松本山雅FC vs ジェフユナイテッド千葉
会場
松本平広域公園総合球技場
入場者数
15,688 人

4位も松本山雅FCのホーム試合。
松本平広域公園総合球技場で行われたジェフユナイテッド千葉との試合で15,688人の動員を記録している。
チームのチャンスの時には大歓声が沸き起こり、たくさんのサポーター達が素晴らしい雰囲気を作り出している。

3位

日時
2017/2/26(日) 第1節
カード
名古屋グランパス vs ファジアーノ岡山
会場
パロマ瑞穂スタジアム
入場者数
18,918 人

3位は名古屋グランパスが開幕戦でファジアーノ岡山を迎えた一戦。
パロマ瑞穂スタジアムには18,918人の観衆が集まった。

2位

日時
2017/3/4(土) 第2節
カード
名古屋グランパス vs FC岐阜
会場
豊田スタジアム
入場者数
21,878 人

2位は名古屋グランパスが豊田スタジアムにFC岐阜を迎えた「名岐ダービー」
2万人超えの21,878人の観衆を集めた。

1位

日時
2017/5/3(水・祝) 第11節
カード
名古屋グランパス vs 京都サンガF.C.
会場
豊田スタジアム
入場者数
36,755 人

1位は名古屋グランパスのホーム、豊田スタジアムで行われた京都サンガF.C.との一戦。
 
京都サンガF.C.には昨シーズンまで名古屋グランパスに在籍していた田中マルクス闘莉王が在籍していることもあってか、36,755人の大観衆が集まった。
両軍サポーターの大歓声が響き渡り、最高の雰囲気のなかで行われた試合だった。
 
 
なお、昨シーズンJ2で最多観客動員数を記録したのは、J2の最終節に行われた北海道コンサドーレ札幌 vs ツエーゲン金沢との一戦だった。
札幌ドームで行われたこの試合には33,697人を動員し、ホームでJ1昇格を祝っている。
 
J1のランキングはこちら